【自己紹介】薄毛・AGA・若ハゲの治療に悩む20代~30代男性の皆さんへ、お伝えしたいことがあります。

【体験談】AGA・薄毛治療

はじめまして。とんけらです。

このサイトへ足を運んで頂き、ありがとうございます。

この記事を読んで頂いているということは、あなたも薄毛について、以下のようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

「AGAを改善したくて色々試してみたけど、効果を感じない。このまま薄毛が進行していったらどうしよう…」

「本格的な治療は、費用とか、副作用が実際どうなのか不安…」

私もその一人でした。

そこで、「私と同じように薄毛に悩んでいる方々の背中を押したい、お力になりたい」と思い、このブログを書き始めることにしました。

私は、2020年の4月からAGAの治療を初めて8ヶ月が経過しました。そして、この8ヶ月間で、薄毛と向き合う中で、人生の質が大きく高まったと個人的に感じています。

まずは治療の経過の、Before/Afterをご覧に入れたいと思います。

<Before>

<img loading=

う~ん。なかなか残念な感じ…これでもギリギリ20代です(TT)

<After 治療開始8ヶ月後>

<img loading=

いかがでしょうか。ぜひ、上の画像と見比べてください。

ごまかさずに治療の経過を観察したいので、なるべく、頭皮がよく見えるように髪を動かして撮影しています。

生え際はまだ薄いですが、少しずつ、確実に濃くなってきています。
特に、頭頂部の頭皮は、かなり見えづらくなってきたように思います(^^)

今回は初めての記事ですので、簡単な自己紹介も兼ねて、私と薄毛との歴史について少しお話させて下さい。

とんけらと薄毛の歴史

小学生時代

この頃は、むしろモッサリした毛量で、頭でっかちに見えてしまうことがコンプレックスでした。
まさか薄毛に悩まされることになるとは、思いもよりませんでした。

中学生時代

中学受験をして、中高一貫の男子校へ進学。
思春期のお年頃で、異性からの目を気にする同級生が増える一方、私はいわゆる「アニオタ」として生活していました。そのため、幸か不幸か、異性の目を気にすることはありませんでした

高校生時代

高校に進学し、周りに合わせて、いっちょ前にヘアワックスなどをつけ始めました。
イケてる友達のような髪の束感が出ず、「ワックスが悪いのかな?」と色々なワックスを買い漁ってみたり、セットの方法を疑っていたものです。

今思えば、この頃から毛量は少なめ、そして元気のない髪質
このとき既に、あまりにも早い薄毛の始まりが訪れていたとは思いもせずに…

大学生時代

大学へ進学。いわゆる「大学デビュー」を果たし、身につけるものにも気を使い始めました。
同時に、鏡を見るたびに、後退しているように感じられる前髪。

意を決して合わせ鏡で頭頂部をみると、すでに面積が大きくなっていた頭皮。
ここでようやく「俺は髪が薄いんだ…」と実感するようになりました。

一方で、初めての彼女ができ、髪が薄いことを人から直接指摘されることもなく、確かに髪は少なめでもあるけれど、「そう思っているのは自分だけなのかな」と考えていました。

そして4年生、大学を卒業する頃になり、事件は起きました

私の所属していたサークルでは、卒業する4年生へ、後輩達からのプレゼントが送られるのが恒例になっていました。
同級生が一人ずつプレゼントを開封し、美顔器、万年筆など素敵なプレゼントが続きます。

そして私の番。
後輩たちに促されるままに私がプレゼントを開封し、取り出したものは…

スカルプDシャンプー

この商品について、もはや説明するまでもないでしょう。

笑ってよいのか、いけないのか、送別会場に流れる微妙な雰囲気。

私も、これをネタにする勇気もなく「シャンプーもらいました~!ありがとうございま~す!」と、顔で笑って、心で泣いていました。

ああ、やっぱり自分はハゲていると思われていたんだな…

社会人時代

この一件以来、ますます自分の薄毛が気になるようになりました。

朝の髪型セットには相当な時間をかけ、街で見かける鏡やショーウィンドウのガラス、仕事で使っているPCやスマートフォンディスプレイ、自分の髪を目にするあらゆる瞬間で髪型を気にするようになっていました。
1時間に1回以上はお手洗いへ行き、額がきちんとカバーできているかをチェックするようになっていました。

出会う人すべてが、私の髪を笑っているような気がして、何をするにも消極的になっていました。
(このあたりのお話は、また別の機会にしたいと思います)

そして現在

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1116647_s.jpg

2020年4月、意を決し、服薬治療を始めることにしました。
服薬しているのは次の2種類です。

  • デュタステリド
  • ミノキシジル内服薬

職場で実施される毎日のZoom会議で、自分の顔を見るのが嫌ではなくなりました。

服薬を開始して8ヶ月ほどで、最初にご覧に入れた写真のような状態まで回復しました。
まだまだ満足していませんが、人目を気にせずに人前に出ることができるようになりました。

汗をかいて崩れた髪型を見られるのが嫌だったフットサルも、始めることができました。

もちろん、料金面、体調面等のデメリットはあるかもしれません。
しかし、私個人としては、それを超えて余りある人生の豊かさを得ることができたと思っています。

20代、30代は、まだまだやりたいこと、できることが多い時期だと思っています!

人生は一度きり。後悔ない生活を一日でも多く過ごしたいのであれば、服薬治療をお勧めします。

======

ちなみに私は、AGAヘアクリニックに通院しています。

診察料、カウンセリング料金はなんと、0円です。
(初診だけではなく、継続的な通院を始めた後も、0円です)

薄毛の進行具合や治療の方針、何を不安に感じているかは、皆さんそれぞれ異なっていますよね。

AGA治療は、長い道のりです。独断で誤った道を進んでしまうと、大変です。
まずは一度、専門家による無料カウンセリング、診察を受けてみることをオススメします。
(オンライン受診も可能です!)

服薬治療をするかどうかは、それから決めていくのが安心・安全だと思います。

AGAヘアクリニックのリンクはこちら

AGA治療なら「明確」「便利」な【AGAヘアクリニック】


コメント

タイトルとURLをコピーしました